編集部のおすすめ本

14
閉ざされた空間で、事件は起きる。傑作揃いの「クローズド・サークル5選」
+8

閉ざされた空間で、事件は起きる。傑作揃いの「クローズド・サークル5選」

(カドブン10月7日より転載) 10月7日は「ミステリーの日」。 1849年のこの日にミステリー小説の先駆者である小説家エドガー・アラン・ポーが亡くなったことから、日本ではそう定められているそうです。 つまり今日は……ババーン!とおすすめのミステリーをご紹介すべき日ということです!! “ミステリー”の中からだと無限の可能性があるので、今回は”クローズド・サークル”に条件を絞りましょう。 吹雪の山荘! 絶海の孤島!! なんかやばいことになって出られなくなった館!!! 閉ざされ

スキ
4
編集部おすすめ! 「生きづらさを感じたときに読みたい小説5選」
+9

編集部おすすめ! 「生きづらさを感じたときに読みたい小説5選」

(カドブン8月30日より転載) あなたが生きづらさを感じるのは、どんなときですか? 家族や友人との関係がうまくいかないとき、性別や役割を押しつけられたとき、 だれも味方がいないと感じてしまったとき。 あなたのつらい気持ちに寄り添ってくれるのは、一冊の本かもしれません。 すこしの勇気や、あたたかな希望をくれる5タイトルをご紹介いたします。 生きづらさを溶かしてくれる、編集部おすすめの5作品 彩瀬まる『川のほとりで羽化するぼくら』(KADOKAWA刊) 息苦しい今を軽やかに

スキ
12