小説 野性時代

今、最も面白い旬の小説が読める文芸誌! 月刊「小説 野性時代」の公式ページです。「小説 野性時代」に掲載中の人気作品の一部を、こちらでも特別公開していきます。詳しい情報はこちら https://www.kadokawa.co.jp/product/322101000604/

「小説 野性時代」6月号発売!

「小説 野性時代」6月号発売! 窪美澄による現代社会の痛みを描いた読切小説&吉田大助×マライ・メントラインによる特別対談を掲載! 冲方丁、角田光代をはじめとした豪華…

“物語の中の物語”がもたらすものは——。1冊で何度も面白い「作中作小説5選」

“作中作”とはつまり、 “作品の中の作品”のことです。 小説の中にあらわれる、その小説そのものとは別の内容の小説、あるいは手記、あるいは書物、あるいは手紙。 ミス…

傑作ミステリを読もう! KADOKAWA発、日本推理作家協会賞受賞作7選!

(カドブン5月23日より転載) 日本推理作家協会賞――それは、多くの小説家・評論家・漫画家などが会員となっている”日本推理作家協会”が主催する、ミステリの文学賞です…

手紙がつなぐ恋の行方は? 「恋文小説5選」

(カドブン5月22日より転載) 5月23日は「恋文の日」。 「5=こい 2=ぶ 3=み」で「こいぶみ」と読めることがその由来だそうです。 メールやSNSでのやりとりが主流にな…

【連載】明日も一日きみを見てる 第14 回 | 角田光代

「小説 野性時代」で連載中の大人気エッセイをnoteでも特別公開! 毎月22日(にゃんにゃんの日)に更新予定です。お楽しみに! ◀第13回へ 第14回 カナブン祭りとプライ…