小説 野性時代

今、最も面白い旬の小説が読める文芸誌! 月刊「小説 野性時代」の公式ページです。「小説 野性時代」に掲載中の人気作品の一部を、こちらでも特別公開していきます。詳しい情報はこちら https://www.kadokawa.co.jp/product/322101000604/

小説 野性時代

今、最も面白い旬の小説が読める文芸誌! 月刊「小説 野性時代」の公式ページです。「小説 野性時代」に掲載中の人気作品の一部を、こちらでも特別公開していきます。詳しい情報はこちら https://www.kadokawa.co.jp/product/322101000604/

    マガジン

    • 「小説 野性時代」発売のお知らせ!

      電子版に完全移行した「小説 野性時代」は毎月25日発売です。 紙から電子に形態は変われど、皆様に今一番面白い物語をお届けする 野性時代スピリッツは変わりません。 今後とも「小説 野性時代」をよろしくお願いいたします!

    • 【エッセイ連載】角田光代「明日も一日きみを見てる」

      「小説 野性時代」で連載中の大人気エッセイをnoteでも特別公開! 毎月22日(にゃんにゃんの日)に更新予定です。お楽しみに!

    • 【特別掲載】冲方丁『骨灰』

      得体の知れない怪異と不条理が襲いくる――。鬼才が放つ、戦慄の長編ホラー。 『天地明察』『十二人の死にたい子どもたち』「マルドゥック」シリーズ。 ジャンルを超越しベストセラーを生み出す鬼才・冲方丁が綴る長編ホラー小説「骨灰」(こっぱい)。『小説 野性時代』2021年9月号から満を持してスタートした連載を、順次配信していきます。(連載の続きがすぐに読みたい方は本誌をぜひ!) 建設現場で遭遇する不可解な事象、それをきっかけに身の回りに忍び寄る怪異、侵食されていく現実――。《からからに乾いた》戦慄のホラー小説をぜひお楽しみください。

    • 編集部のおすすめ本

    • 【小説試し読み】千早茜「ひきなみ」

      千早 茜さんの『ひきなみ』(角川書店)が、4月30日に発売しました。 刊行記念として、本作の魅力がたっぷり詰まった冒頭を大公開! ぜひお楽しみください。 【あらすじ】 私たちずっと一緒だと思っていたのに。 彼女は脱獄犯の男と、島から消えた。 小学校最後の年を過ごした島で、葉は真以に出会った。からかいから救ってくれたことを機に真以に心を寄せる葉だったが、ある日真以は島に逃げ込んだ脱獄犯の男と一緒に島から逃げ出し、姿を消してしまう。裏切られたと感じた葉は母に連れられ東京へ戻るが、大人になって会社で日々受けるハラスメントに身も心も限界を迎える中、ある陶芸工房のHPで再び真以を見つける。たまらず会いに行った葉は、真以があの事件で深く傷ついていることを知り――。女であることに縛られ傷つきながら、女になりゆく体を抱えた2人の少女。大人になった彼女たちが選んだ道とは。

    記事一覧

    「小説 野性時代」6月号発売!

    「小説 野性時代」6月号発売! 窪美澄による現代社会の痛みを描いた読切小説&吉田大助×マライ・メントラインによる特別対談を掲載! 冲方丁、角田光代をはじめとした豪華…

    “物語の中の物語”がもたらすものは——。1冊で何度も面白い「作中作小説5選」

    “作中作”とはつまり、 “作品の中の作品”のことです。 小説の中にあらわれる、その小説そのものとは別の内容の小説、あるいは手記、あるいは書物、あるいは手紙。 ミス…

    傑作ミステリを読もう! KADOKAWA発、日本推理作家協会賞受賞作7選!

    (カドブン5月23日より転載) 日本推理作家協会賞――それは、多くの小説家・評論家・漫画家などが会員となっている”日本推理作家協会”が主催する、ミステリの文学賞です…

    手紙がつなぐ恋の行方は? 「恋文小説5選」

    (カドブン5月22日より転載) 5月23日は「恋文の日」。 「5=こい 2=ぶ 3=み」で「こいぶみ」と読めることがその由来だそうです。 メールやSNSでのやりとりが主流にな…

    【連載】明日も一日きみを見てる 第14 回 | 角田光代

    「小説 野性時代」で連載中の大人気エッセイをnoteでも特別公開! 毎月22日(にゃんにゃんの日)に更新予定です。お楽しみに! ◀第13回へ 第14回 カナブン祭りとプライ…

    「小説 野性時代」6月号発売!

    「小説 野性時代」6月号発売!

    「小説 野性時代」6月号発売! 窪美澄による現代社会の痛みを描いた読切小説&吉田大助×マライ・メントラインによる特別対談を掲載! 冲方丁、角田光代をはじめとした豪華連載陣による連載も盛り沢山。
    今最も旬の小説が読める文芸誌「小説 野性時代」今月もお見逃しなく!

    ◆ニュース①【読切】

    〇窪 美澄「夜のカフェテラス」

    今日も心に悩みを抱えた人が訪れる。
    現代社会の痛みを描いたメンタルクリニックシ

    もっとみる
    “物語の中の物語”がもたらすものは——。1冊で何度も面白い「作中作小説5選」

    “物語の中の物語”がもたらすものは——。1冊で何度も面白い「作中作小説5選」

    “作中作”とはつまり、 “作品の中の作品”のことです。
    小説の中にあらわれる、その小説そのものとは別の内容の小説、あるいは手記、あるいは書物、あるいは手紙。
    ミステリであれば、その作中作の中には謎を解くヒントが隠されているかもしれません。
    サスペンスであれば、その作中作に触れた者は何かに囚われてしまうかもしれません。
    ファンタジーであれば、その作中作の向こうに別の世界が広がっているかもしれません。

    もっとみる
    傑作ミステリを読もう! KADOKAWA発、日本推理作家協会賞受賞作7選!

    傑作ミステリを読もう! KADOKAWA発、日本推理作家協会賞受賞作7選!

    (カドブン5月23日より転載)

    日本推理作家協会賞――それは、多くの小説家・評論家・漫画家などが会員となっている”日本推理作家協会”が主催する、ミステリの文学賞です。
    現在は〈長編および連作短編集部門〉〈短編部門〉〈評論・研究部門〉の三つの部門があり、毎年、その年に発表された推理小説・評論等の中から、優れた作品に与えられます。
    日本推理作家協会が、優れたミステリ作品に与える文学賞――それはつまり

    もっとみる
    手紙がつなぐ恋の行方は? 「恋文小説5選」

    手紙がつなぐ恋の行方は? 「恋文小説5選」

    (カドブン5月22日より転載)

    5月23日は「恋文の日」。
    「5=こい 2=ぶ 3=み」で「こいぶみ」と読めることがその由来だそうです。
    メールやSNSでのやりとりが主流になって、手紙を書く機会は少なくなっているかもしれません。
    でも、年に一度の「恋文の日」くらいは、
    大切な思いを込めた言葉を手紙に託してみてもよいのではないでしょうか。
    恋文、つまり、ラブレターには、さまざまな恋物語や人間ドラマ

    もっとみる
    【連載】明日も一日きみを見てる 第14 回 | 角田光代

    【連載】明日も一日きみを見てる 第14 回 | 角田光代

    「小説 野性時代」で連載中の大人気エッセイをnoteでも特別公開!
    毎月22日(にゃんにゃんの日)に更新予定です。お楽しみに!

    ◀第13回へ

    第14回 カナブン祭りとプライド事件 夏は虫の季節。トトにとっては、虫捕りがたのしい季節となった。

     どこからか入り込んできた虫を見つけて、トトが野太い特徴的な声で「とったど~」と、昼夜かまわず知らせてくることは、以前ここに記した。

     虫のなかでもト

    もっとみる