小説 野性時代

今、最も面白い旬の小説が読める文芸誌! 月刊「小説 野性時代」の公式ページです。「小説 野性時代」に掲載中の人気作品の一部を、こちらでも特別公開していきます。詳しい情報はこちら https://www.kadokawa.co.jp/product/322101000604/

「小説 野性時代」4月号発売!

「小説 野性時代」4月号発売! 伊岡 瞬「清算」、カツセマサヒコ「第四地区」連載スタート! 柞刈湯葉・海堂 尊・久坂部 羊・佐藤 雫・知念実希人による医療小説特集など…

【連載】明日も一日きみを見てる 第12回 | 角田光代

「小説 野性時代」で連載中の大人気エッセイをnoteでも特別公開! 毎月22日(にゃんにゃんの日)に更新予定です。お楽しみに! ◀第11回へ 第12回 加齢とカツアゲ事件 …

穏やかな春に、爽やかな読書を。 「春に読みたい小説5選」

(カドブン3月8日より転載) もうすぐ春ですねー!! ……いや、すでに春ですね。花粉を強く感じます。 さて、花粉はともかく、春の爽やかな陽気は、読書をするにはぴったり…

「御饌使」は、「身消し」。 「骨灰」#32

◀最初から読む ◀前回のを読む  御饌使──身消し。  嫌な言葉を使うものだと腹立たしさすら覚えた。失踪しても誰も届け出ない。そういう人間を選んで鎖でつないだとし…

お骨を焼いたみたいな臭いに悩まされるの。 「骨灰」#31

◀最初から読む ◀前回のを読む  そうささやき、にっこりした。  あなたもわかるでしょう? と言外に尋ねられたかのようで、光弘は落ち着かない気分にさせられた。介護…

輝きを放つ物語たち☆彡 「流星小説5選」

(カドブン3月9日より転載) 流星とは、「宇宙空間にある直径1ミリメートルから数センチメートル程度のチリの粒が地球の大気に飛び込んできて大気と激しく衝突し、高温にな…