小説 野性時代

今、最も面白い旬の小説が読める文芸誌! 月刊「小説 野性時代」の公式ページです。「小説 野性時代」に掲載中の人気作品の一部を、こちらでも特別公開していきます。詳しい情報はこちら https://www.kadokawa.co.jp/product/322101000604/

図面にはない謎の空間。そこにぽっかり空いた四角い穴。この空間はいったい? 「骨灰」#6

得体の知れない怪異と不条理が襲いくる――。 鬼才が放つ、戦慄の長編ホラー。 『天地明察』『十二人の死にたい子どもたち』「マルドゥック」シリーズ。 ジャンルを超越し…

+8

熱いレビューをお待ちしてます! 読書感想文投稿コンテスト「#読書の秋2021」にKADOKAWA文芸も参加中

読書の秋がやってきましたね。KADOKAWA「野性時代」編集部も、「#読書の秋2021」企画に参加させていただきます! ぜひ、みなさんの熱い感想やオススメコメントをどしどし…

極度に乾いた空気、鋭く鼻を刺す臭い、不可解な足跡。この底にあるものは――。 「骨灰」#5

得体の知れない怪異と不条理が襲いくる――。 鬼才が放つ、戦慄の長編ホラー。 『天地明察』『十二人の死にたい子どもたち』「マルドゥック」シリーズ。 ジャンルを超越し…

+8

電車が走れば、物語が動き出す。「鉄道小説5選」

(カドブン10月14日より転載) 10月14日は「鉄道の日」! 明治5年(1872年)のこの日に、新橋駅~横浜駅間で日本最初の鉄道が開通したことを記念して定められたそうです。 …

+7

食欲の秋! 読書の秋! 心を満たす「美味しい小説5選」

(カドブン10月5日より転載) 季節はすっかり秋ですね! 秋といえば読書……もいいけどやっぱ食欲かな! と思ったそこのあなた!! 旬の肴と美味しいお酒、舌鼓を打つジビ…

SNSの投稿に紐づいた現場を順に見て回るうち、謎の印にたどりつく。 「骨灰」#4

得体の知れない怪異と不条理が襲いくる――。 鬼才が放つ、戦慄の長編ホラー。 『天地明察』『十二人の死にたい子どもたち』「マルドゥック」シリーズ。 ジャンルを超越し…