小説 野性時代

今、最も面白い旬の小説が読める文芸誌! 月刊「小説 野性時代」の公式ページです。「小説 野性時代」に掲載中の人気作品の一部を、こちらでも特別公開していきます。詳しい情報はこちら https://www.kadokawa.co.jp/product/322101000604/

今年中に読みたい!!2021年に出たおすすめ「ホラー小説5選」

(カドブン10月29日より転載) あなたの最恐をこの5冊で更新します。 2021年ホラー小説最前線!  怖いけど読みたい。怖いから読みたい。怖ければ怖いほど読みたい。 2021…

「小説 野性時代」11月号発売!

特集では「秋の読切競宴」と題して、澤田瞳子・諸田玲子・榊林 銘・似鳥 鶏の読み切りを掲載。豪華連載陣による連載も多数掲載。 今勢いのある小説を集めた文芸誌「小説 野…

あるはずのない重機。違和感だらけの空間に、金属音が響く。 「骨灰」#8

得体の知れない怪異と不条理が襲いくる――。 鬼才が放つ、戦慄の長編ホラー。 『天地明察』『十二人の死にたい子どもたち』「マルドゥック」シリーズ。 ジャンルを超越し…

読むのが怖い。でも止められない。編集部おすすめの「怪談小説5選」

(カドブン10月23日より転載) 怪談、お好きですか。 あやしいもの、おぞましいもの、おそろしいものが出てくるお話は、お好きですか。 ページをめくるのが怖くて、文字を目…

【連載】明日も一日きみを見てる 第7回 | 角田光代

「小説 野性時代」で連載中の大人気エッセイをnoteでも特別公開! 毎月22日(にゃんにゃんの日)に更新予定です。お楽しみに! ◀第6回(前編)へ 突然勃発した猫たちの…

ああ、そうだ。この臭いは、〈人が骨まで灰になるときの臭い〉だ。 「骨灰」#7

得体の知れない怪異と不条理が襲いくる――。 鬼才が放つ、戦慄の長編ホラー。 『天地明察』『十二人の死にたい子どもたち』「マルドゥック」シリーズ。 ジャンルを超越し…