小説 野性時代

今、最も面白い旬の小説が読める文芸誌! 月刊「小説 野性時代」の公式ページです。「小説 野性時代」に掲載中の人気作品の一部を、こちらでも特別公開していきます。詳しい情報はこちら https://www.kadokawa.co.jp/product/322101000604/

小説 野性時代

今、最も面白い旬の小説が読める文芸誌! 月刊「小説 野性時代」の公式ページです。「小説 野性時代」に掲載中の人気作品の一部を、こちらでも特別公開していきます。詳しい情報はこちら https://www.kadokawa.co.jp/product/322101000604/

    マガジン

    • 「小説 野性時代」発売のお知らせ!

      電子版に完全移行した「小説 野性時代」は毎月25日発売です。 紙から電子に形態は変われど、皆様に今一番面白い物語をお届けする 野性時代スピリッツは変わりません。 今後とも「小説 野性時代」をよろしくお願いいたします!

    • 【エッセイ連載】角田光代「明日も一日きみを見てる」

      「小説 野性時代」で連載中の大人気エッセイをnoteでも特別公開! 毎月22日(にゃんにゃんの日)に更新予定です。お楽しみに!

    • 【特別掲載】冲方丁『骨灰』

      得体の知れない怪異と不条理が襲いくる――。鬼才が放つ、戦慄の長編ホラー。 『天地明察』『十二人の死にたい子どもたち』「マルドゥック」シリーズ。 ジャンルを超越しベストセラーを生み出す鬼才・冲方丁が綴る長編ホラー小説「骨灰」(こっぱい)。『小説 野性時代』2021年9月号から満を持してスタートした連載を、順次配信していきます。(連載の続きがすぐに読みたい方は本誌をぜひ!) 建設現場で遭遇する不可解な事象、それをきっかけに身の回りに忍び寄る怪異、侵食されていく現実――。《からからに乾いた》戦慄のホラー小説をぜひお楽しみください。

    • 編集部のおすすめ本

    • 【小説試し読み】千早茜「ひきなみ」

      千早 茜さんの『ひきなみ』(角川書店)が、4月30日に発売しました。 刊行記念として、本作の魅力がたっぷり詰まった冒頭を大公開! ぜひお楽しみください。 【あらすじ】 私たちずっと一緒だと思っていたのに。 彼女は脱獄犯の男と、島から消えた。 小学校最後の年を過ごした島で、葉は真以に出会った。からかいから救ってくれたことを機に真以に心を寄せる葉だったが、ある日真以は島に逃げ込んだ脱獄犯の男と一緒に島から逃げ出し、姿を消してしまう。裏切られたと感じた葉は母に連れられ東京へ戻るが、大人になって会社で日々受けるハラスメントに身も心も限界を迎える中、ある陶芸工房のHPで再び真以を見つける。たまらず会いに行った葉は、真以があの事件で深く傷ついていることを知り――。女であることに縛られ傷つきながら、女になりゆく体を抱えた2人の少女。大人になった彼女たちが選んだ道とは。

    最近の記事

    この夏に読みたい! 今夏刊行のおすすめホラー小説5選

    (カドブン8月8日より転載) 最近猛暑が続いていますね。往来を歩いていても、日傘を差している人が目立ちます。暑いのは嫌いだ、という方もいるかもしれません。けれど、エアコンがなかなか効かない寝苦しい夜、手元のホラー小説を読んで暑さを凌ぐのも乙なものです。単に怖い話を読むだけならスマホで手軽に検索できますが、ホラー小説の魅力はなんと言っても、恐怖の中に練り込まれた繊細な抒情です。 単に恐ろしいだけでない。恐ろしさの中に、美しさであったり、悲しさであったり、ドラマであったりが潜ん

    スキ
    6
      • 「小説 野性時代」8月号発売!

        三上 延による「百鬼園事件帖」シリーズ、お笑いコンビ「ラランド」のニシダによる暗黒青春小説を読み切り掲載! ◆ニュース①【読切】 〇ラランド・ニシダ「遺影」 夏休み。僕はクラスで虐められている女子の遺影を作ることになった。 お笑いコンビ「ラランド」のニシダによる暗黒青春小説。 〇三上 延「百鬼園事件帖 竹杖」前篇 舞台は昭和初期の神楽坂。内田百間先生が謎を解く、ちょっと怪しい連作ミステリ。 ②【コラム】 穂波 了「草も土も風も雨もない家」 ハナコ・秋山寛貴「ある

        スキ
        2
        • 【連載】明日も一日きみを見てる 第16 回 | 角田光代

          「小説 野性時代」で連載中の大人気エッセイをnoteでも特別公開! 毎月22日(にゃんにゃんの日)に更新予定です。お楽しみに! ◀第15回へ 第16回 トラ男その後と珍獣事件 あらたに登場したトラ男であるが、猫小屋に逗留中、迷子猫かもしれないと思い、区役所と動物愛護相談センターに登録しておいた。このとき、去勢しているか否かと訊かれたのだが、私は去勢した雄猫を見たことがなく、どのように見分けるのかがわからなかった。動物愛護相談センターの人に訊いてみると、うしろ姿のおしり部

          スキ
          19
          • 時をかければ、世界が変わる! 「時空を超える小説5選」

            (カドブン7月13日より転載) 時空を超えることができるなら、いつに行きますか? 未来の自分を見るもよし! 過去の失敗をもみ消すのもよし! 現実には不可能なことだからこそ、想像が膨らみますよね。 だからでしょうか、この世界には「タイムトラベル」や「タイムリープ」をテーマにした面白い小説がたくさんあるんです。 過去に戻るお話もあれば、未来に行くお話も、はたまた同じ日をループするお話も。 今回はそんな時空を超える小説を5作品ご紹介させていただきます。 ページをめくって時空を超

            スキ
            9
            • 「小説 野性時代」8月号発売!

              スキ
              2
              • 【連載】明日も一日きみを見てる 第16 回 | 角田光代

                スキ
                19
                • 時をかければ、世界が変わる! 「時空を超える小説5選」

                  スキ
                  9

                マガジン

                マガジンをすべて見る
                • 「小説 野性時代」発売のお知らせ!

                  • 13本

                  電子版に完全移行した「小説 野性時代」は毎月25日発売です。 紙から電子に形態は変われど、皆様に今一番面白い物語をお届けする 野性時代スピリッツは変わりません。 今後とも「小説 野性時代」をよろしくお願いいたします!

                • 【エッセイ連載】角田光代「明日も一日きみを見てる」

                  • 16本

                  「小説 野性時代」で連載中の大人気エッセイをnoteでも特別公開! 毎月22日(にゃんにゃんの日)に更新予定です。お楽しみに!

                • 【特別掲載】冲方丁『骨灰』

                  • 24本

                  得体の知れない怪異と不条理が襲いくる――。鬼才が放つ、戦慄の長編ホラー。 『天地明察』『十二人の死にたい子どもたち』「マルドゥック」シリーズ。 ジャンルを超越しベストセラーを生み出す鬼才・冲方丁が綴る長編ホラー小説「骨灰」(こっぱい)。『小説 野性時代』2021年9月号から満を持してスタートした連載を、順次配信していきます。(連載の続きがすぐに読みたい方は本誌をぜひ!) 建設現場で遭遇する不可解な事象、それをきっかけに身の回りに忍び寄る怪異、侵食されていく現実――。《からからに乾いた》戦慄のホラー小説をぜひお楽しみください。

                • 編集部のおすすめ本

                  • 31本
                • 【小説試し読み】千早茜「ひきなみ」

                  • 4本

                  千早 茜さんの『ひきなみ』(角川書店)が、4月30日に発売しました。 刊行記念として、本作の魅力がたっぷり詰まった冒頭を大公開! ぜひお楽しみください。 【あらすじ】 私たちずっと一緒だと思っていたのに。 彼女は脱獄犯の男と、島から消えた。 小学校最後の年を過ごした島で、葉は真以に出会った。からかいから救ってくれたことを機に真以に心を寄せる葉だったが、ある日真以は島に逃げ込んだ脱獄犯の男と一緒に島から逃げ出し、姿を消してしまう。裏切られたと感じた葉は母に連れられ東京へ戻るが、大人になって会社で日々受けるハラスメントに身も心も限界を迎える中、ある陶芸工房のHPで再び真以を見つける。たまらず会いに行った葉は、真以があの事件で深く傷ついていることを知り――。女であることに縛られ傷つきながら、女になりゆく体を抱えた2人の少女。大人になった彼女たちが選んだ道とは。

                • 【小説連載】彩瀬まる「わたれない」

                  • 5本

                  雑誌「その境界を越えてゆけ」にて掲載された、彩瀬まるさんの「わたれない」を特別に公開します! 【あらすじ】 会社を辞め、育児をメインで担当することになった暁彦。 “ママじゃない”ことに悩むが、あるブログに出会い……。

                • 「小説 野性時代」発売のお知らせ!

                  • 13本

                  電子版に完全移行した「小説 野性時代」は毎月25日発売です。 紙から電子に形態は変われど、皆様に今一番面白い物語をお届けする 野性時代スピリッツは変わりません。 今後とも「小説 野性時代」をよろしくお願いいたします!

                • 【エッセイ連載】角田光代「明日も一日きみを見てる」

                  • 16本

                  「小説 野性時代」で連載中の大人気エッセイをnoteでも特別公開! 毎月22日(にゃんにゃんの日)に更新予定です。お楽しみに!

                • 【特別掲載】冲方丁『骨灰』

                  • 24本

                  得体の知れない怪異と不条理が襲いくる――。鬼才が放つ、戦慄の長編ホラー。 『天地明察』『十二人の死にたい子どもたち』「マルドゥック」シリーズ。 ジャンルを超越しベストセラーを生み出す鬼才・冲方丁が綴る長編ホラー小説「骨灰」(こっぱい)。『小説 野性時代』2021年9月号から満を持してスタートした連載を、順次配信していきます。(連載の続きがすぐに読みたい方は本誌をぜひ!) 建設現場で遭遇する不可解な事象、それをきっかけに身の回りに忍び寄る怪異、侵食されていく現実――。《からからに乾いた》戦慄のホラー小説をぜひお楽しみください。

                • 編集部のおすすめ本

                  • 31本
                • 【小説試し読み】千早茜「ひきなみ」

                  • 4本

                  千早 茜さんの『ひきなみ』(角川書店)が、4月30日に発売しました。 刊行記念として、本作の魅力がたっぷり詰まった冒頭を大公開! ぜひお楽しみください。 【あらすじ】 私たちずっと一緒だと思っていたのに。 彼女は脱獄犯の男と、島から消えた。 小学校最後の年を過ごした島で、葉は真以に出会った。からかいから救ってくれたことを機に真以に心を寄せる葉だったが、ある日真以は島に逃げ込んだ脱獄犯の男と一緒に島から逃げ出し、姿を消してしまう。裏切られたと感じた葉は母に連れられ東京へ戻るが、大人になって会社で日々受けるハラスメントに身も心も限界を迎える中、ある陶芸工房のHPで再び真以を見つける。たまらず会いに行った葉は、真以があの事件で深く傷ついていることを知り――。女であることに縛られ傷つきながら、女になりゆく体を抱えた2人の少女。大人になった彼女たちが選んだ道とは。

                • 【小説連載】彩瀬まる「わたれない」

                  • 5本

                  雑誌「その境界を越えてゆけ」にて掲載された、彩瀬まるさんの「わたれない」を特別に公開します! 【あらすじ】 会社を辞め、育児をメインで担当することになった暁彦。 “ママじゃない”ことに悩むが、あるブログに出会い……。

                記事

                記事をすべて見る
                  • 「小説 野性時代」7月号発売!

                    米澤穂信特集&〈古典部〉シリーズ短編、朝井まかて&一木けい読み切りを掲載! 横溝賞結果発表&豪華連載陣による連載も盛り沢山。今最も旬の小説が読める文芸誌「小説 野性時代」7月号もお見逃しなく! ◆ニュース ①【特集】 〇デビュー二十周年&直木賞受賞記念特集 米澤穂信 ・米澤穂信×宮内悠介 対談「時代と謎を紐解く」 ・特別寄稿 新井久幸「米澤さんのこと」 ・〈古典部〉シリーズ新作短編「三つの秘密、あるいは星ヶ谷杯準備滞ってるんだけど何かあったの会議」 ②【読切】 〇朝

                    スキ
                    6
                    • 【連載】明日も一日きみを見てる 第15 回 | 角田光代

                      「小説 野性時代」で連載中の大人気エッセイをnoteでも特別公開! 毎月22日(にゃんにゃんの日)に更新予定です。お楽しみに! ◀第14回へ 第15回 猫小屋と新キャラ事件 猫はあまり目がよくないといわれている。飼い主を認識するのも、視覚よりも聴覚や嗅覚でとらえることのほうが多いらしい。  でも、どんなに視力がよくないとはいっても、猫は人の顔を見分ける、と私は信じるようになった。朝、私が出勤する前によく顔を出すとらちゃんは、私を見かけるとその場で前脚をフミフミと動かす

                      スキ
                      43
                      • 雨の日には、雨の物語を。「梅雨に読みたい小説5選」

                        (カドブン6月6日より転載) 6月に入り、湿度がどんどん上がりはじめました。 出掛けるときに傘を持つ日が増え、気づけば貴重な晴れ間を待つ梅雨がやってきますね。 外に遊びに行きづらいから、家でなにか楽しいことをしたい…… そんなとき、空模様に合わせて小説選びをしてみるのはどうでしょうか。 物悲しい雰囲気を演出するときもあれば、「雨降って地固まる」ということわざを象徴するような、元気が出る作品も。 繊細な心理描写が光る物語から、ハードボイルドなミステリまで、自信をもっておすすめ

                        スキ
                        16
                        • 人生の一大イベント! ドラマたっぷりの「結婚式小説」5選

                          (カドブン6月2日より転載) 6月といえば「ジューンブライド」。古くからヨーロッパでは「6月に結婚する花嫁は幸せになれる」とされているそうです。 なぜ6月に結婚する花嫁は幸せになれるのかというと…… 6月(June)が、ギリシャ神話に登場する神主ゼウスの妃で結婚や出産を司る女神「Juno(ジュノ)」に守られている月だから、という説がもっとも有力だそう。 他に、3月~5月にかけて農作業が大変忙しくなるヨーロッパではその3ヶ月間は結婚が禁止されており、結婚が解禁される月が6月で

                          スキ
                          4
                          • 「小説 野性時代」6月号発売!

                            「小説 野性時代」6月号発売! 窪美澄による現代社会の痛みを描いた読切小説&吉田大助×マライ・メントラインによる特別対談を掲載! 冲方丁、角田光代をはじめとした豪華連載陣による連載も盛り沢山。 今最も旬の小説が読める文芸誌「小説 野性時代」今月もお見逃しなく! ◆ニュース①【読切】 〇窪 美澄「夜のカフェテラス」 今日も心に悩みを抱えた人が訪れる。 現代社会の痛みを描いたメンタルクリニックシリーズ。 ②【特集】 〇吉田大助×マライ・メントライン Book Revi

                            スキ
                            5
                            • “物語の中の物語”がもたらすものは——。1冊で何度も面白い「作中作小説5選」

                              “作中作”とはつまり、 “作品の中の作品”のことです。 小説の中にあらわれる、その小説そのものとは別の内容の小説、あるいは手記、あるいは書物、あるいは手紙。 ミステリであれば、その作中作の中には謎を解くヒントが隠されているかもしれません。 サスペンスであれば、その作中作に触れた者は何かに囚われてしまうかもしれません。 ファンタジーであれば、その作中作の向こうに別の世界が広がっているかもしれません。 ひとりの作家が、その作品そのものに加え、作品の中の作品にまで技巧を凝らして生み

                              スキ
                              1
                              • 傑作ミステリを読もう! KADOKAWA発、日本推理作家協会賞受賞作7選!

                                (カドブン5月23日より転載) 日本推理作家協会賞――それは、多くの小説家・評論家・漫画家などが会員となっている”日本推理作家協会”が主催する、ミステリの文学賞です。 現在は〈長編および連作短編集部門〉〈短編部門〉〈評論・研究部門〉の三つの部門があり、毎年、その年に発表された推理小説・評論等の中から、優れた作品に与えられます。 日本推理作家協会が、優れたミステリ作品に与える文学賞――それはつまり、受賞作はもれなく、”傑作ミステリ”のお墨付きということ。 今回はKADOKAW

                                スキ
                                4
                                • 手紙がつなぐ恋の行方は? 「恋文小説5選」

                                  (カドブン5月22日より転載) 5月23日は「恋文の日」。 「5=こい 2=ぶ 3=み」で「こいぶみ」と読めることがその由来だそうです。 メールやSNSでのやりとりが主流になって、手紙を書く機会は少なくなっているかもしれません。 でも、年に一度の「恋文の日」くらいは、 大切な思いを込めた言葉を手紙に託してみてもよいのではないでしょうか。 恋文、つまり、ラブレターには、さまざまな恋物語や人間ドラマが詰まっています。 本当に届けたい相手にだけは書けなかったり、来るはずのなかった

                                  スキ
                                  11
                                  • 【連載】明日も一日きみを見てる 第14 回 | 角田光代

                                    「小説 野性時代」で連載中の大人気エッセイをnoteでも特別公開! 毎月22日(にゃんにゃんの日)に更新予定です。お楽しみに! ◀第13回へ 第14回 カナブン祭りとプライド事件 夏は虫の季節。トトにとっては、虫捕りがたのしい季節となった。  どこからか入り込んできた虫を見つけて、トトが野太い特徴的な声で「とったど~」と、昼夜かまわず知らせてくることは、以前ここに記した。  虫のなかでもトトの気分がもっとも高揚するのはカナブンだ。蜘蛛よりも羽虫よりも大きくて、派手な羽

                                    スキ
                                    44
                                    • 「小説 野性時代」5月号発売!

                                      「小説 野性時代」5月号発売! 宮木あや子によるあのヨーグルトを題材にした、お仕事&推し事小説「令和ブルガリアヨーグルト」が連載スタート。今最も旬の小説が読める文芸誌「小説 野性時代」今月もお見逃しなく! ◆ニュース①【新連載】 〇宮木あや子「令和ブルガリアヨーグルト」 あのヨーグルトを題材にした、お仕事&推し事小説がスタート! ②【読切】 〇ブレイディみかこ「売って、洗って、回す 私労働小説―ザ・シット・ジョブ―」 体を動かし、思考を止め、全体に尽くす。 様々な仕事

                                      スキ
                                      4
                                      • 【連載】明日も一日きみを見てる 第13回 | 角田光代

                                        「小説 野性時代」で連載中の大人気エッセイをnoteでも特別公開! 毎月22日(にゃんにゃんの日)に更新予定です。お楽しみに! ◀第12回へ 第13回 病院と絶叫事件 ほかのたいがいの猫と同じく、トトは病院が嫌いだ。けれども嫌いだという主張はしない。そもそも何ごとにおいても、トトはあんまり主張をしない猫ではある。  病院にいくときは、黒くてまるい、ベッドにもなるキャリーバッグに入ってもらうのだが、これを出し入れしているのをトトに見られると、病院いきがばれてしまう。ばれる

                                        スキ
                                        31
                                        • 物語が教えてくれることがある。 「戦争を扱った小説5選」

                                          ((カドブン4月11日より転載) ロシアがウクライナに軍事侵攻して、1か月以上が経ちました。 日夜流れてくるさまざまな情報に触れ、少しでも早く平和が訪れるようにと祈らずにはいられません。 実際に起こった出来事を前に、私たちは、あらためて戦争について知る必要があるのではないかと思います。 前線に立った兵士は、銃後の民間人は、どんな日々をどんな思いで過ごしているのか。 なぜ人は争いを繰り返してしまうのか。戦争の先にはどんな未来が待っているのか。 小説を通して、戦争について考えて

                                          スキ
                                          7